日本工業規格(JIS)

JISマーク

日本工業規格(JIS)に規格化された色名として、「JIS Z 8102:2001物体色の色名」があります。

これには、JIS系統色名とJIS慣用色名があります。


系統色名と慣用色名

赤

系統色名は、物体色を系統的に分類して表現できるようにした色名のことです。

具体的には、基本色名に、明度、彩度、色相についての修飾語をつけて色を表現するものです。

明度には「鮮やかな」「明るい」などの表現があります。
色相には「赤みの」「黄みの」といった表現があります。

これらを組み合わせて色を表現するため、正確な表現には向いていません。


色の数

桜

慣用色名は、系統色名より正確に色を表現できます。

JISでは、慣用的な呼び方で表した色名とされています。

動物や植物の名前をつけて色を表現するものです。

たとえば、桜色、桃色、灰色などがあります。
色の数としては、和色名147、洋色名122の合計269があります。


ページトップへ